2016年10月10日に放送された「スポーツ男子最強スポーツ男子頂上決戦2016」で池谷直樹さんが跳び箱(モンスターボックス)を引退することを決意しましたね。その時に観客席から見ていた妻や息子の一言に涙するのがとても感動的でした。

池谷直樹
そして跳び箱を引退してしまったら今後のお仕事はどうなってしまうのでしょうか?

池谷直樹さんについてまとめてみました。

スポンサーリンク

池谷直樹がスポダンで跳び箱引退を表明?


池谷直樹さんが10月10日放送の「スポダン」でモンスターボックスに挑戦し、その結果から引退を表明しました。

池谷さんは世界記録でもある23段を飛んだことがある(当時25歳)、4人のうちの1人。


42歳になった池谷さんは今回は、20段に挑戦しましたが、失敗してしまいました。


これで飛べ泣けば引退をすると表明していたため、いよいよ引退ということになってしまったのです。

池谷直樹の引退に妻や息子が一言!涙の理由は?


今回、池谷さんが20段を飛べなかったのは非常に残念なことでしたが、その後の家族へのインタビューが感動的すぎてやばかったですね!

奥さんは「40代でよく頑張った。もう一回くらい挑戦してもいいのではないか?」

と激励のことばをかけました。

そして、息子の言葉

「僕は23段を飛んでいるところを見たことがない」


お、、これは


「よし。じゃあ来年お父さんが23段飛ぶところを見せてやる!」


という展開かな?

と、思ったのですが、そうはいきませんでしたね(笑)


息子「残念です。」


この言葉に悔しさのあまり涙を流す池谷さんがとても印象的でした。

そして何より家族で見守る光景が感動的でしたね!

【関連記事】スポダン2位!野村祐希は土屋太鳳とは◯◯な関係だった!!?

スポンサーリンク

池谷直樹の今後のお仕事は?


跳び箱を飛ばなければ、池谷直樹さんって仕事がないのでは?今後やばいのでは??

という疑問もあるでしょう。


しかし、池谷さんの本業はスマートフォンやデジカメのデコレーションのお店を経営しているのです。

「Shining Stones(シャイニングストーンズ)』という会社で、自らが手がけてやっているみたいですよ!

資格も日本デコレーター協会認定デコレーター技能検定準1級を持っていますしね!!


年収とかまでは分からないのですが、ノートパソコンのデコレーションなどは十数万円するので、結構な稼ぎがあると考えられます。

だから今後は本業のほうに集中されていくではないかなっと思いますね!

子供も3人いますし、しっかり稼いでいかないといけませんから\(^o^)/


あとがき


今回は池谷直樹さんの跳び箱引退についてまとめてみました。

跳び箱といえば池谷直樹さんというイメージでしたし、池谷さんが引退を決意する時に23段を新人が飛ぶということもあり、今回のスポダンはかなり強烈でしたね!

これからも奥さんや息子たちをしっかり育てていける良いお父さんでいてくださいね!

それでは今回はこれにて!!

【関連記事】モンスターボックスの新生!平野泰新の動画はこちら!