女の若白髪の原因と対策! 髪の老化を防ぐ方法は?

Pocket

健康で健やかな髪って、憧れますよね。

男女問わず、最近は年齢が若い方から白髪に悩まされている方が意外と多くいるようです。

原因は、いろいろとあるかと思いますが、現代病の代表ともいえる「ストレス」が引き金になっていることもあるのかと思います。

また、普段からの食生活なども原因のひとつかもしれませんね。

では、白髪はどのようにしたら、今後増やさないようにできるのでしょうか?

スポンサーリンク

白髪は放っておいてはいけない?

メラニン色素が関係していることはご存知かと思いますが、
実は、 できた瞬間の髪の毛はもともとは白いのです。

髪の毛がつくられていく過程のなかでメラニン色素が自然に混ざり合っていくため、色がついて生えてくるというわけです。

なので、何らかの理由で、混ざるべき色素が足りないことで白髪が生えると言えます。

このメラニンの生成には、チロシナーゼという酵素が欠かせないのです。

白髪のできやすい人は遺伝や年齢からくるものと思われていますが、
多くの人が勘違いをして正しいケアができていないこともあります。

正しいケアをして、白髪を減らしてゆくことはできます。

スポンサーリンク

白髪の原因は年齢?遺伝?ストレス?

白髪になる最大の原因は「老化」です。毛根部のチロシナーゼの量が減り、メラニン色素をうまく生成できずに白い毛髪となってしまいます。

ただ、世の中には若白髪に悩まされている人も多いでしょう。これは、老化以外の原因でもメラニン色素が作られなくなる場合があるということもあるというも知っておいてください。

その一番の原因が「ストレス」や食生活などの生活習慣に問題があるのは医学会でも立証されていれます。

もちろん。それ以外に、病気のせいで白髪になる場合もあります。

ちなみに…。私は小さな頃からちょっと体調を崩したり風邪程度でも薬を飲まされたことから メラニンがうまく作られないみたいで、
若白髪に悩まされていました。(苦笑)

スポンサーリンク

今からでも大丈夫?美髪になれる?

先ほども述べたように、白髪の原因は遺伝や年齢というより、
「老化」が大きな要因になっていますが、「ストレス」と「不規則な生活習慣」も大きな要因の1つです。

まずは今からできる♪改善できそうな生活習慣はこれです。

夜更かし
体内の細胞の活動が活発になるのは夜。
睡眠時間が不足すると、この活動が妨げられるので、髪はもちろん、身体全体のメンテナンスが睡眠によって修復されることをお忘れなく…。

⓶たばこや刺激物。
ニコチンによって血管が収縮し、毛髪の成長に欠かせない養分が毛乳頭に蓄えられる働きが弱まります。 過度に辛いものやコーヒーの飲み過ぎは交感神経が刺激され血管が収縮して、血流が悪くなることで栄養が送られなくなります。

また、無理な食事制限をしたダイエットは毛髪に多大なダメージを与えるのでやめましょう。

スポンサーリンク

白髪の人ってハゲないの?

ひと昔の典型的なハゲのイメージは、ハゲ=おやじ
だったのが、最近は女性の薄毛や脱毛症の悩みが増えているのをご存じでしょうか?

男性ハゲの場合は、男性ホルモンが毛細血管を詰まらせ、毛髪の発育を阻害するためといわれているのですが…。

男性も女性もやはり「ストレス」が原因となっていると思われます。

それと、白髪を抜く人っていますよね?

白髪自体、メラニン色素が含まれていないというだけで、健康な髪です。

抜くと毛根にダメージを与えて、逆に抜け毛の原因になりかねません。

また、たとえ抜いても毛根部分の血行を促進するといった毛髪の発育環境そのものを改善しない限り、
抜いた個所はまた新しく生えてくるのも白髪になってしまいます。

スポンサーリンク

白髪の抑制はできる?

白髪の抑制はできるのでしょうか?

答えはYESです。

睡眠や規則正しい食生活などに加え、髪をいたわるための『ケア』がとても大切ですが、毎日のケアとして(抜け毛にも効果的)

【ブラッシング】が効果的です。

入浴後、髪をドライヤーで乾かし過ぎなように7~8分程度の半乾きで一度、ブラッシングをします。

このときの注意はスピード

摩擦や静電気が起こるような早さではなく、ゆっくりと静かにブラッシングをしてください。

もつれた箇所があっても力を入れるのは禁物です。静かに少しずつブラッシングを行うことが大切です。

そしてなるべく、ヘアブラシは、毛先が丸く、柔らかいブタ毛などのブラシを使うことをおススメします。

スポンサーリンク

白髪とサヨウナラ!~まとめ~                                                                                  

■ストレスを溜めないようにする。

■夜更かしやたばこや刺激物はほどほどに。

■白髪自体は健康な髪。無理に抜いたりしない。

■髪を清潔に。ドライヤーで髪を傷めないように半乾きの段階で優しくゆっくりとブラッシングする。

 ■ヘアブラシは毛先が丸く柔らかいブタ毛のような素材を選ぶ。

     

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★

最近は自然に染められるシャンプーが一番手軽で効果的だなぁ、と思うこの頃です(*^^*)

傷めず染めて艶やかな美髪へ

スポンサーリンク

人気記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です