V6の三宅健がリオパラリンピックで見事な手話でパーソナリティを務めたことで話題になっていますね!なぜ手話が上手いのかなんて結構不思議ですよね~( ゚Д゚)実はそのきっかけはファンとのエピソードにあったとのこと!

V6三宅健手話
またこれだけ話題になっている三宅くんの手話を見てみたいと思うでしょう!

ということで三宅さんが出演している「NHKみんなの手話」の動画についてもまとめてみましたよ。

スポンサーリンク
 

V6三宅健はなぜ手話が上手い?

V6三宅健手話
2016年リオパラリンピックで見事な手話で、選手たちの奮闘を私たちに伝えてくれたV6三宅健くん。

今回のNHKはリオパラリンピックをどんな人でも楽しめるように『ユニバーサル放送』という名前で、聴覚障害がある人には手話で、視覚障害がある人には音声で楽しんでもらえるスタイルをとっていました。

そこで手話を担当したのが、V6三宅健くん。


その見事な手話に『手話がきれい』などと、非常に高い評価を得ているのです!


ジャニーズの売れっ子タレントがなぜこれだけの手話ができるのか?その理由が気になるところですよね。


三宅さんが手話を始めたのはなんと2005年から!なんと10年くらいから手話との出会いを果たしていたのです( ゚Д゚)

手話講習会に申込み、週1回2時間の講習に3年間通い続けるという努力をしてきました。

もちろん、今までずっとそれを続けてきたわけではありませんが、パラリンピックをきっかけにさらなる努力をされてきたのでしょう。


それではなぜそこまで手話を覚えようと思ったのか。

そのきっかけについても触れていきましょう。

V6三宅健が手話を始めたきっかけはファンとのエピソードにあった?

V6三宅健手話
V6三宅健さんが手話を始めるきっかけとなったのは、ファンの存在でした。

V6結成10周年の握手会に聴覚障害をもった女の子が来てくれたみたいなのですが、その際に手話でコミュニケーションをとられて何も理解できなかった経験から手話を習おうと思ったのです。


いや~これ、すごいですよ?


ファンの握手会なんて一人あたり数十秒程度しか時間ない中、そして大量の数をこなす中でこんな感情に普通はなりませんよ?

ここにV6三宅健という人柄が出ていますよね(*^^*)


まあ私だったらその女の子が余程かわいいというならば、その気になるかもしれませんが、これはよこしまな人間の思考です・・・(笑)


しかも今回のリオパラリンピックをきっかけに、V6のDVDも字幕をつけようとも考えているらしく、どこまでファン思いなんだこの人は!ってかんじですね(*^^*)

まあ、もちろんパラリンピックで聴覚障害者層のファンが増えた影響も加味しての話ではあるのでしょうが、三宅くんのファンへの愛を感じるエピソードです。

スポンサーリンク

V6三宅健のNHKみんなの手話の動画は?


さてこれだけ素晴らしい手話をする三宅健くんなわけですが、動画で確認してみたいですよね?





これはNHKのみんなの手話のワンシーン動画です。

私は手話はあまり分からないのですが、迷いがないというか、堂々とやっていて『これはすごい上手いんだろうな!』という感想です(笑)

手の動きも滑らかですし、美しいですよね。


言葉使いにも美しいや汚いなどもあるように、手話にも美しさは大事な要素になるのではないかなっと思います。

上品な人の手話はこんなかんじではと思いますね!

あとがき


今回はV6三宅健さんについてまとめてみました。

手話が上手い理由や始めたきっかけなどを見ていると、三宅くんの人格も分かってきますね。

やはり言葉をその人を写す鏡のようなものなのでしょう!


リオパラリンピックをきっかけにさらにお仕事も増えそうですが、お体だけにはお気をつけて頑張ってほしいですね♪

それでは今回はこれにて!!