2016年9月30日カナダ・バンクーバーで行方不明だった日本人女性・古川夏好(こがわなつみ)さんが亡くなった事件を受けて、住所不定のウィリアム・シュナイダー容疑者が逮捕されました。


あるショッピングモールの監視カメラは、2人の仲良さそうな雰囲気を撮影しており、その関係性が疑問視されいます。

一説によると2人の出会いのきっかけはナンパであったと噂されており、現在真相を究明中である。

スポンサーリンク

古川夏好とウィリアム・シュナイダーは出会いはカフェ?


古川さんがカナダに在住していた理由は留学で語学の勉強を目的だったのでしょう。

そして英会話学習を目的とした集まりが、とあるカフェで開かれていたのですが、そこにウィリアム・シュナイダー容疑者が度々顔を出していたことが分かりました。


元々ウィリアム・シュナイダー容疑者は、そのカフェの常連だったらしく、その英会話学習の集まりで複数の日本人女性に声をかけていたようですね。

しかもこの習慣がかなり常習化していたらしく、話しかけられる日本人女性も


『(シュナイダーは)いつもこんなかんじだから』


と、サラッとあしらっていましたね。

古川夏好とウィリアムシュナイダーの出会いのきっかけはナンパ?


古川夏好さんとウィリアム・シュナイダー容疑者をつなぐ接点は、このカフェでのナンパだったと言われています。

英会話学習の集まりであるカフェに度々訪れ、数撃ちゃ当たる方式でナンパしていった結果、古川さんに行き着いたのでしょう。


結果的に、結末は非常に残念なものになってしまいましたが、ネットでは古川さんに対して「自業自得」などの意見もでていますが、留学先で右も左も分からないような状態で、頼れそうな人が見つかったら、フラッといってしまいそうな気もしますがね。

そういう心の隙間をつかれたのではないかと思います。

スポンサーリンク

ウィリアムシュナイダーの犯行動機はお金目的?


ニュースによると、最後に監視カメラに写っていた二人は度数の強いウ◯ッカを購入したそうです。

古川さんの友人によれば、彼女はそんな飲み物を飲む習慣がないとのことなので、シュナイダー容疑者が彼女に購入するよう依頼したのでしょう。


シュナイダー容疑者は、過去に中毒症状を起こしていたことも発覚しています。


おそらく古川さんに近づいたのも、お金目的で、自分の欲求を満たすためだったのでしょう。

しかし、ある時に抵抗した彼女を・・・。


事件の真相はまだ分かってはいませんが、状況だけ聞くとこんな感じに思えます。

あとがき


事件の調査も進んできて、だんだん実態が見えてきましたね。

シュナイダー容疑者に関しては、カフェの話を聞く限り「怪しいな~」とは思いますが、いつの時代も男と女には何が起こるか分からないものです。

ただ今は事件の早期解決を願うばかりです。